logo

イー・モバイル、EM・ONE専用の3次元ブラウザ「3D Box」を提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イー・モバイルは5月30日、同社が提供するWindows Mobile 5.0端末「EM・ONE(エム・ワン)」専用として、3次元ブラウザ「3D Box」のダウンロード提供を開始した。また、3D Box向けのコンテンツ配信の提供も開始する。

 3DBoxは、3次元で表現された立体空間内のキャビネットと引き出しに、インターネットコンテンツとマルチメディアファイルを整理整頓するコンテンツビューア。高い操作性を持つ3Dインターフェースを備え、オンライン上のコンテンツを整理した「Online Box」と、本体メモリ内のフォルダやファイルをリアルタイムに整頓する「Offline Box」で構成される。

1

 3D Boxを使うことで、URLやファイルパスなどを入力することなく、直感的な操作によって、最新のお薦めブロードバンドコンテンツやお気に入りマルチメディアファイルに、いつでも簡単にアクセスできるようになり、EM・ONEのエンターテインメント機能が大幅に向上すると、イー・モバイルでは説明する。

 配信コンテンツには、TBSが提供する動画ニュースや吉本興業芸人出演のフィルムとムービー、ウェザーニュースが提供する動画天気予報などがある。そのほかにも音楽や映画予告編など、モバイルブロードバンドならではの実用性や、楽しさを重視したリッチコンテンツを無料で提供するとしている。

2

 コンテンツのラインアップは順次拡大する予定で、ゲームの英語脳育成ディクテーションソフトの「どこでも英会話」や右脳トレーニングソフト「右脳鍛錬ウノタン」などが、6月以降の提供予定にあげられている。

-PR-企画特集