フォトレポート:ボーイングの新型機ドリームライナー、まもなく離陸へ

CNET News.com Staff2007年05月29日 17時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 航空機大手Boeingの2007年の大型プロジェクトは、ある夢を「文字通り」離陸させることにある。米国時間7月8日にボーイング787型機「Dreamliner」の第1号機が工場から姿を現し、夏後半に初フライトを迎える予定だ。Boeingが全く新しい飛行機を発表するのはおよそ10年ぶりのことだ。同社は28日、ワシントン州エヴァレットにある787型機の最終組み立て工場の開会式を大々的に行った。その工場で、多くの小さな部品からではなく、全世界のさまざまな提携企業から送られた巨大な複合構造から同機を組み立てる作業が行われている。例えば、胴体前部(セクション41)は、カンザス州ウィチタに拠点を置くSpirit AeroSystemsが製造した。787型機の第1号機の完成まであと数週間かかる。Boeingは最終的に、同機を3日に1機の割合で量産する予定だ。
Scroll Right Scroll Left

 航空機大手Boeingの2007年の大型プロジェクトは、ある夢を「文字通り」離陸させることにある。米国時間7月8日にボーイング787型機「Dreamliner」の第1号機が工場から姿を現し、夏後半に初フライトを迎える予定だ。Boeingが全く新しい飛行機を発表するのはおよそ10年ぶりのことだ。同社は28日、ワシントン州エヴァレットにある787型機の最終組み立て工場の開会式を大々的に行った。その工場で、多くの小さな部品からではなく、全世界のさまざまな提携企業から送られた巨大な複合構造から同機を組み立てる作業が行われている。例えば、胴体前部(セクション41)は、カンザス州ウィチタに拠点を置くSpirit AeroSystemsが製造した。787型機の第1号機の完成まであと数週間かかる。Boeingは最終的に、同機を3日に1機の割合で量産する予定だ。

提供:Boeing

 航空機大手Boeingの2007年の大型プロジェクトは、ある夢を「文字通り」離陸させることにある。米国時間7月8日にボーイング787型機「Dreamliner」の第1号機が工場から姿を現し、夏後半に初フライトを迎える予定だ。Boeingが全く新しい飛行機を発表するのはおよそ10年ぶりのことだ。同社は28日、ワシントン州エヴァレットにある787型機の最終組み立て工場の開会式を大々的に行った。その工場で、多くの小さな部品からではなく、全世界のさまざまな提携企業から送られた巨大な複合構造から同機を組み立てる作業が行われている。例えば、胴体前部(セクション41)は、カンザス州ウィチタに拠点を置くSpirit AeroSystemsが製造した。787型機の第1号機の完成まであと数週間かかる。Boeingは最終的に、同機を3日に1機の割合で量産する予定だ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加