logo

次期WindowsサーバOSの名称は「Microsoft Windows Server 2008」に--ゲイツ氏がWinHECで発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは5月16日、開発コード名「Microsoft Windows Server“Longhorn”」と呼ばれていた次期Windowsサーバオペレーティングシステム(OS)の正式名称を、「Microsoft Windows Server 2008」(Windows Server 2008)とすることを発表した。

 同時に、IT技術者向け情報サイト「TechNet Windows Server TechCenter」において、約2000ページにおよぶWindows Server 2008の技術資料(機械翻訳による日本語対訳付き)を提供すると共に、ユーザー同士の情報交換を行う「TechNet Windows Server 2008フォーラム」を公開した。

 この発表は2006年5月15日より、ワシントン州シアトルで開催されている第16回「Microsoft Windows Hardware Engineering Conference(WinHEC)において発表されたもの。Microsoft会長であるBill Gates氏が、次期サーバOSの正式名称をMicrosoft Windows Server 2008とすることを発表している。

-PR-企画特集