Xbox 360、システムアップデートを2007年5月9日より配信! Windows Liveメッセンジャーにも対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは、Xbox 360のシステムアップデートを2007年5月9日より配信を開始した。

 今回行われる「春のシステムアップデート」では、Windows Live メッセンジャーへの対応や、ダウンロード時に低消費電力での動作が可能になっているなど、多岐にわたっている。主な機能の詳細については、以下の通り。

  • Windows Live メッセンジャー対応
    Windows Live メッセンジャーのユーザー(MSNメッセンジャーのユーザーも含む)とテキストチャットが可能となる。また、Xbox 360のフレンドリストに、Windows Live メッセンジャーのメンバーとXbox LIVE のフレンドをまとめることもできるようになる。
  • ダウンロードの継続
    ダウンロード用に低消費電力での動作が可能となった。ダウンロード中に Xbox 360本体の電源ボタンを押しても、画面が消えたまま低消費電力でダウンロード完了までが動作が継続するように設定可能。
  • ディスクトレイに入っているゲームに関する詳細情報の表示
    ディスクトレイにゲームが入っていると、ダッシュボードにゲーム名が表示されるようになる。また、ゲームを選択すると、そのゲームの実績とゲーマースコアが表示されるようになる。初代 Xboxのゲームをトレイに入れた時には、ゲームの名前を表示される。
  • 保護されたコンテンツのPCからのストリーミング再生
    PCに保存されている Windows Media DRM(WM-DRM)で保護されたコンテンツをXbox 360からストリーミング再生可能となる。また、ストリーミング再生時にも、 以前中断した続きから再生できるようになる。
その他、強化機能の詳細については、こちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加