サンブリッジ、RSSフィード形式の情報発信ツール事業化へ

瀬井裕子(編集部)2007年04月19日 16時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベンチャーキャピタルのサンブリッジは5月1日、近くサービスを開始するRSS形式の情報発信ツールを担当する部署を発足する。同社の起業家支援制度を利用した初の事業化案件となる。

 5月中にサービスを開始する予定の「modiphi」は、RSS形式の新しい情報発信ツール。テキストだけではなくポッドキャストなどにも対応している。元フィードパス最高執行責任者(COO)の小川浩氏がプロジェクトの責任者となる。

 サンブリッジでは、個人のブログに代わる利用や、法人のイベント告知やリリース配信などの利用を見込んでいる。

 サービスはウェブ上で提供し、利用料は無料。収益は、発信する記事への広告と、メールなどの追加機能などを利用する有料会員、またmodiphiをカスタマイズして利用するためのライセンス契約の3つが中核となる。

 年内に2万人の利用を目標としてサービスを広め、ポータルサイトなどをはじめとした法人への提供も強化していくという。

 RSSとはウェブの記事更新や、本文の要約などを含むデータ形式。RSSリーダーと呼ばれる専用ソフトを使って受信すると複数のサイトの更新状況が一度に分かるため、情報収集にすぐれた形式だとして利用者が拡大している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加