logo

世界初42型フルHDプラズマも登場--松下「VIERA」新シリーズを発表

加納恵(編集部)2007年04月10日 18時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宣伝キャラクターの小雪さん 宣伝キャラクターには前回に引き続き、小雪さんを起用

 松下電器産業は、薄型テレビ「VIERA」ブランドに、全機種フルHDパネルを搭載した「PZ700」シリーズと動画解像度720本以上を実現した「PX70」シリーズの2シリーズ、計10機種を発表した。 価格はすべてオープン。4月20日より順次発売される。

 両シリーズともに、モニタの下にスピーカーを配置したアンダースピーカータイプとモニタの左右にスピーカーを配置したサイドスピーカータイプを揃えており、カラーリングもブラックとシルバーの2色から選択が可能だ。

【PZ700シリーズ】

 VIERA最上位シリーズとなるPZ700シリーズは、42型、50型の2サイズをラインアップ。42型ながら1920×1080ドットのフルHDパネルを採用し、現行機では世界最小のフルHDプラズマテレビとなる。

TH-50PZ700SK 最上位モデルとなるPZ700シリーズ。こちらはサイドスピーカー、ブラックモデルのもの

 新開発「低反射クリアパネル」により外光の映り込みを低減、新「フルハイビジョンPEAKS」のデジタル信号処理による、肌色再現力の向上など、高画質化が行われている。

 機能面では、フルハイビジョン画質による静止画の取り込みに加え、AVCHD規格によるフルハイビジョンSD動画再生にも対応しており、デジカメ、デジタルビデオカメラとの連携機能が強化されたほか、リモコンに専用ボタンを設けるなど、「ビエラリンク」機能も進化している。発売は4月27日より。

  • TH-50PZ700SK 予想実勢価格:55万円前後
    (プラズマ50型/サイドスピーカー/カラー:ブラック)
  • TH-42PZ700SK 予想実勢価格:43万円前後
    (プラズマ42型/サイドスピーカー/カラー:ブラック)
  • TH-50PZ700 予想実勢価格:53万円前後
    (プラズマ50型/アンダースピーカー/カラー:シルバー)
  • TH-42PZ700 予想実勢価格:41万円前後
    (プラズマ42型/アンダースピーカー/カラー:シルバー)

【PX70シリーズ】

TH-50PX70 PX70シリーズ。こちらはアンダースピーカー、シルバーモデルのもの

 パネル画素数こそ、1366×768ドット(50型)、1024×768ドット(42型)、1024×720ドット(37型)とフルHDタイプではないが、「低反射クリアパネル」、新「PEAKS」ドライバーなど、最新の高画質技術を搭載した、スタンダードモデルだ。

 37型、42型、50型の3サイズ展開で、37型のみサイドスピーカーのシルバーモデルを揃える。また、50型はアンダースピーカーモデルのみの発売だ。本体前面のSDメモリーカードスロットは静止画のみの対応で、AVCHD規格によるフルHD動画再生には対応していない。発売はアンダースピーカータイプが4月20日、サイドスピーカータイプが4月27日となる。

  • TH-42PX70SK 予想実勢価格:32万円前後
    (プラズマ42型/サイドスピーカー/カラー:ブラック)
  • TH-37PX70SK 予想実勢価格:27万円前後
    (プラズマ37型/サイドスピーカー/カラー:ブラック)
  • TH-37PX70S 予想実勢価格:27万円前後
    (プラズマ37型/サイドスピーカー/カラー:シルバー)
  • TH-50PX70 予想実勢価格:40万円前後
    (プラズマ50型/アンダースピーカー/カラー:シルバー)
  • TH-42PX70 予想実勢価格:30万円前後
    (プラズマ42型/アンダースピーカー/カラー:シルバー)
  • TH-37PZ700 予想実勢価格:25万円前後
    (プラズマ37型/アンダースピーカー/カラー:シルバー)

-PR-企画特集