logo

おサイフケータイが本格普及期に--3キャリア合計で約3000万台が対応

永井美智子(編集部)2007年04月04日 20時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルの非接触ICチップ「FeliCa」を搭載した携帯電話端末の稼動数が、4月1日に300万台を突破した。ライバルのNTTドコモは3月に2000万台、KDDIのauは500万台を突破しており、「おサイフケータイ」と呼ばれるFeliCa対応端末は本格的な普及期を迎えた。

 おサイフケータイのサービスはドコモが2004年7月に開始したのを皮切りに、同年9月にauが、2005年11月にソフトバンクモバイルが開始した。

 おサイフケータイは携帯電話端末で交通機関の乗車や定期券、電子マネーやクレジットカード、会員証やポイントカードなどが使えることから利用が進んでいる。特にドコモはおサイフケータイを使ったクレジットサービス「DCMX」を開始しており、積極的な普及活動を進めている。

-PR-企画特集