ネットで医師の情報検索--厚労省が新システムを始動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 厚生労働省は4月1日、医師、および歯科医師の有資格者の情報をネットで確認できるシステム「医師等資格確認検索」を開設した。

 同サイトは、2005年12月にまとめられた「医師等の行政処分のあり方等に関する検討会」の報告書で、無資格者の医療行為を防止する目的から、医師の資格確認をウェブで行うことを提言。2006年に医師法、および歯科医師法が改正され、医師の氏名、性別、登録年月日、行政処分に関する情報の公開が可能になった。

 サイトでは、氏名、性別で医師を検索。検索結果では、医師免許の登録年が表示される。また、医業停止などの行政処分を受けている医師や歯科医師の場合は、処分の種類や期間、再教育研修の状況も示される。

 従来、医師資格の有無の確認には、対象者の氏名と生年月日、医籍登録番号が必要だった。しかし、登録番号は医師本人しかわからず、確認には国家試験の合格発表をもとにしたデータに頼るほかなかった。

 さらに、2005年4月に「行政機関個人情報保護法」が施行。同省では、同法に基づき、医師国家試験の合格者氏名の公表を2006年度から取り止め、医師免許の確認が困難になった。

 しかしながら、医師資格の有無の確認は、公共性が高いと判断。医師の氏名、性別、登録年の情報に限り、ウェブでの検索を今回可能にした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加