ソニー、ワンセグとAM/FMの3in1端末「XDV-100」--2.8インチ液晶搭載

エースラッシュ2007年03月14日 18時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは3月14日、ワンセグ放送の視聴ができるラジオ「XDV-100」を4月10日に発売すると発表した。

 XDV-100は、1台でワンセグとFMステレオラジオ、AMラジオのすべてを楽しめる端末だ。EPG(番組ガイド)の閲覧にも対応している。スポーツ中継のテレビ放送が途中終了しても、ラジオに切り替えるなど、ユーザーが手軽に切り替えて利用することができる。

XDV-100 胸ポケットに収まる大きさのXDV-100

 テレビとラジオを一体化しながら、内部に発生する電波干渉を抑えることで、高感度、高画質、高音質を実現しているという。全国エリアごとに主要放送局がプリセットされているため、旅行などで利用エリアが移動しても簡単に利用可能となっている。

 本体サイズは高さ61mm×幅98.3mm×奥行き15.1mmで、重量は約110g。液晶サイズは2.8インチで、内蔵充電池でワンセグ視聴が約5.5時間可能となっている。AMラジオならば約30時間の利用が可能。価格はオープン価格だが、市場推定価格は約4万円前後となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加