ドコモ、第4世代移動通信システム実験で5Gbpsパケット信号伝送に成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモはこのほど、第4世代(4G)移動通信システムに向けた屋外実験を2006年12月25日に行い、下り最大約5Gbpsのパケット信号伝送に成功したことを発表した。

 今回の実験は、神奈川県横須賀市光の丘地区において、基地局装置から100MHzの周波数帯域幅で信号を送信し、時速約10kmで走行している移動局装置で受信したというもの。受信信号の復号処理を行った結果、最大約5Gbpsのパケット信号伝送を達成していることを確認した。

 ドコモでは、2005年12月14日の屋外実験において最大2.5Gbpsのパケット信号伝送を達成している。今回の実験は、実際のセルラ環境における周辺セルからの電波干渉を考慮したうえで限界と想定される伝送速度の実証を目的として実施した。前回の実験よりMIMO多重の送受信アンテナ数を6本から12本に増やしたうえで、ドコモ独自の受信信号処理技術を適用した結果、最大約5Gbpsのパケット信号伝送を達成した。

 また、周波数利用の効率を示す指標である周波数利用効率も、前回実験の25bps/Hzから50bps/Hzに向上した。ドコモでは今後、4Gシステムの無線アクセス方式の研究開発を引き続き推進し、国際標準化にも積極的に協力していくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加