logo

MS、「Excel」の脆弱性を利用したゼロデイ攻撃を警告--Mac版も影響

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年02月06日 10時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが、「Excel」を狙ったゼロデイ攻撃について警告している。この攻撃は、Mac用のものを含め、複数のバージョンのOffice製品に影響を与える。

 Microsoftは米国時間2月2日に公開したセキュリティアドバイザリで、Excelのスプレッドシートプログラムの脆弱性を利用した「非常に限定的な」ゼロデイ攻撃を警告した。

 セキュリティ企業Secuniaが出した別のアドバイザリでは、この脆弱性を同社の最高ランクである「極めて重大(extremely critical)」に分類している。 今回の脆弱性は、Microsoft 「Office 2000」「Microsoft Office 2003」「Microsoft Office XP」のほか、AppleのMac OSで動く「Microsoft Office 2004」にも影響するという。

 Microsoftによると、攻撃者は脆弱性を利用した悪意あるExcelファイルを、電子メールに添付して送ったり、ウェブサイトを用意してExcelファイルを仕掛けておくのだという。脆弱性が悪用されると、遠隔地からシステムを乗っ取られる可能性がある。

 Microsoftは、この脆弱性がExcel以外にも拡大する可能性があるとしている。

 同社はアドバイザリで「現在把握しているのはExcelが標的になっているということだけだが、それ以外のOfficeアプリケーションにも影響する可能性がある」と述べている。

 Microsoftは、不審な情報源や不特定の情報源から得たOfficeファイルや、信頼できる入手元からのものであっても、未承諾の添付ファイルを開いたり保存したりしないよう呼びかけている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集