logo

Windows開発責任者J・オールチン氏、Vista発売までの悪戦苦闘を振り返る(後編)

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、大熊あつ子、小林理子2007年02月05日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本記事はこちらの記事の後編である。

 Allchin氏がメディアプレーヤーをとくに重要視するのは、自身が熱狂的な音楽愛好家だから、そして、このソフトウェアがAppleの「iTunes」と激しい競争に直面しているからだ。

 テスト中、Windows部門幹部のDave Fester氏とAllchin氏は、Vistaの音楽に関連するタスク処理のまずさを嘆いた。当然のことながら、想定しているライバルはAppleだった。

 「これは一体何だ?」とFester氏は問いただした。「ひどく混乱して何をしているのかわからなくなる。まるでばらばらだ。Macと比べるとまったくまとまりがない」

 Allchin氏は応じた。「その通りだ。反論の余地はない」

 Allchin氏によるその日の評価は、MicrosoftがVistaを準備中の2003年と2004年に同氏が送信した、遠慮のない緊急電子メールの繰り返しだった。Allchin氏は当時、Gates氏と最高経営責任者(CEO)のSteve Ballmer氏に送ったメールの中で、Microsoftが進むべき方向を見失っていると述べ、もし自分がMicrosoftの社員でなければMacを買うと書いた。

 「当社のチームは、弾力性とは何か、完全なシナリオとは何か、セキュリティとは何か、そしてパフォーマンスとは何かを見失っていたと思う。たくさんの機能に統一性がなく、素晴らしいビジョンはいくつか見られるが、それが素晴らしい製品に結びついていない」(Allchin氏)

 Allchin氏は今、かつてはメディアプレーヤーにも機器との接続にも常に納得していたわけではなかったことを認めたが、現在のメディアプレーヤーとVista全体が到達した位置には喜んでいると述べた。

 「私が書いたり話したりしたことから、私が手厳しい現実主義者であるということは、これまでに誰もがわかっているはずだ。厳しいことは自分でも認める。一方で、私は忍耐強いということも言っておく必要がある。この製品はうまくいくだろう」(Allchin氏)

 だからと言って、Allchin氏が満足したというわけではない。

 Windowsマーケティング担当コーポレートバイスプレジデントのMike Sievert氏は、「Allchin氏は厳しい質問をしてくるし、高い基準をもっている」と話す。Sievert氏はAllchin氏から、改善が必要な事項への示唆を含む電子メールを平均で週4通受け取るという。

 「Allchin氏は、Windowsへの評価をどう管理するかに強い興味をもっている」とSievert氏は話す。Allchin氏は、Vistaのマーケティングをすべてほかの人間の手に委ねることに飽きたらず、Microsoftの公式ブログでVistaの多くの優位点について語るようになった。米国時間1月24日付けの同氏のブログには、2003年の時点で描いていた構想がどれほど実際のVistaに反映されたかが記されている。

-PR-企画特集