エヌビディアなど、SideShow用補助ディスプレイ搭載のノートPCを発表

エースラッシュ2007年01月10日 23時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAとASUSは米国時間の1月8日、ネバダ州ラスベガスで開催中の2007 International CESにおいて、Windows SideShow用の補助ディスプレイを備えた世界初のノートPC「W5Fe」を、ASUSから発売すると発表した。

 W5Feは、蓋の外側部分にNVIDIA Prefaceの補助ディスプレイとメディア・プロセッシング・サブシステムを装備したノートPC。Windows SideShowの併用により、電源がオフの状態でも外側のナビゲーションボタンを操作するだけでガジェットにアクセス、メールやスケジュール表、音楽、写真などのデータへ迅速にアクセスすることができる。なお、ディスプレイの消費電力は非常に小さく、数百時間もの動作が可能となっているという。

 ガジェットはWindows Vistaに同梱されているものだけでなく、Microsoft ガジェットのWebサイトからダウンロード提供される予定。NVIDIA PrefaceプラットフォームにもSideShowガジェットが同梱されているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加