アプリックス、モンタビスタとモバイルLinux向けソフトウェア開発で協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アプリックスは12月6日、携帯電話向けLinuxの開発を手がける米MontaVista Softwareに出資し、アプリックスの開発するミドルウェアフレームワークとMontaVistaの開発する「Mobilinux」を連携させることで、モバイル分野のLinuxのソフトウェア開発において戦略的な協業を行うと発表した。

 アプリックスは今回の協業により、MontaVistaがサポートする各社のチップセット上で、ミドルウェアフレームワークとNTTドコモ向けのLinuxプラットフォームである「MOAP(L)」を用いたソリューションを提供する。

 また、MontaVistaは、アプリックスのミドルウェアフレームワークに最適化された開発ツール、テストツール、サポートの提供を行う。

 これにより、Linuxベースの携帯電話の開発効率が向上し、さらなる高機能で効率的な携帯電話向け統合ソフトウェアソリューションの提供が可能になるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加