日立、17型ピュアカラー液晶ディスプレイを採用したPCを発売

エースラッシュ2006年12月07日 19時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は12月6日、高輝度・高コントラストで映りこみの少ない17型ピュアカラー液晶ディスプレイ採用のデスクトップPC「PriusAir type R(AR13R1S)」を12月16日から発売すると発表した。

 type Rは、CPUにCeleron D 351を搭載したスマートな筐体を持つセパレートデスクトップPC。ノングレア17型ピュアカラー液晶ディスプレイを採用することで使いやすさを重視している。

 このディスプレイは輝度が約300カンデラ、コントラストが700:1、視野角が上下左右160度で、AVソフトウェア「Prius Navistation4」などと合わせてマルチメディアをより鮮明な画像で楽しむことが可能だ。また、地上アナログチューナーを搭載しており、ネットやメールをしながらテレビを見られる「サイドテレビ機能」も搭載している。

 なお、OSにはWindowsXP HomeEdition SP2が搭載されているが、同社の「日立Windows Vista アップグレードキャンペーン」対象モデルとなっており、来年初春に予定されているWindowsVistaへのアップグレードもスムーズに行えるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加