logo

フォトレポート:まるでエアホッケーのマレット--3Dconnexionの3D空間用デバイス - 2/2

CNET News.com Staff2006年11月29日 18時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 3Dconnexionの発表によると、SpaceNavigator中心のつまみを握ってスライドさせる、ダイヤルのようにひねる、傾ける、同製品の中央部分を押し込む、あるいは底から少し持ち上げるといった操作をして、3D空間を動かすのだという。また、3Dオブジェクトの拡大縮小、流し撮り、回転なども可能になっている。
Scroll Right Scroll Left

 3Dconnexionの発表によると、SpaceNavigator中心のつまみを握ってスライドさせる、ダイヤルのようにひねる、傾ける、同製品の中央部分を押し込む、あるいは底から少し持ち上げるといった操作をして、3D空間を動かすのだという。また、3Dオブジェクトの拡大縮小、流し撮り、回転なども可能になっている。

提供:Logitech

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]