フォトレポート:まるでエアホッケーのマレット--3Dconnexionの3D空間用デバイス

CNET News.com Staff2006年11月29日 18時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米Logitechの子会社である3Dconnexionが米国時間11月28日に発表した新デバイス「SpaceNavigator」は、3次元空間の操作に使われるが、形はまるでエアホッケーのマレットのようだ。開発にはGoogleが協力しており、同社の「Google Earth」や、3Dモデリングプログラム「Google SketchUp」に標準対応する。
Scroll Right Scroll Left

 米Logitechの子会社である3Dconnexionが米国時間11月28日に発表した新デバイス「SpaceNavigator」は、3次元空間の操作に使われるが、形はまるでエアホッケーのマレットのようだ。開発にはGoogleが協力しており、同社の「Google Earth」や、3Dモデリングプログラム「Google SketchUp」に標準対応する。

提供:Logitech

 米Logitechの子会社である3Dconnexionが米国時間11月28日に発表した新デバイス「SpaceNavigator」は、3次元空間の操作に使われるが、形はまるでエアホッケーのマレットのようだ。開発にはGoogleが協力しており、同社の「Google Earth」や、3Dモデリングプログラム「Google SketchUp」に標準対応する。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加