ITとファッションの融合--韓国のウェアラブルコンピュータ

佐々木 朋美2006年11月27日 19時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 11月中旬に、韓国政府の情報通信部主宰で「2006 次世代コンピューティング産業展示会」が開催され、CNET Japanの姉妹サイトであるZDNet Koreaでもこのときの様子を伝えている。2006 次世代コンピューティング産業展示会は、IT企業や関連の研究所などが参加し、デジタル機器や技術などが一堂に披露される次世代技術の展示会だ。この展示会で特に大きな注目を浴びたのがウェアラブルコンピュータ。このウェアラブルコンピュータの研究について、KAIST(韓国科学技術院)電気電子工学科のユ・フェジュン教授は「現在、ウェアラブルコンピュータは携帯電話事業者から多くの関心を集めており、今後携帯電話と融合した製品を来年あたりに目にすることができるだろう」と明らかにした。
Scroll Right Scroll Left

 11月中旬に、韓国政府の情報通信部主宰で「2006 次世代コンピューティング産業展示会」が開催され、CNET Japanの姉妹サイトであるZDNet Koreaでもこのときの様子を伝えている。2006 次世代コンピューティング産業展示会は、IT企業や関連の研究所などが参加し、デジタル機器や技術などが一堂に披露される次世代技術の展示会だ。この展示会で特に大きな注目を浴びたのがウェアラブルコンピュータ。このウェアラブルコンピュータの研究について、KAIST(韓国科学技術院)電気電子工学科のユ・フェジュン教授は「現在、ウェアラブルコンピュータは携帯電話事業者から多くの関心を集めており、今後携帯電話と融合した製品を来年あたりに目にすることができるだろう」と明らかにした。

ユ・フェジュン教授は「海外の有数の大学と研究機関では既に10年前からウェアラブルコンピュータの研究を進めてきたが、韓国は始めてから2〜3年程度に過ぎない。しかし携帯電話や半導体に強いという可能性を通じて、他国よりかなり早く商品化を実現させることができるだろう」とも説明した。(提供:ZDNet Korea)

 11月中旬に、韓国政府の情報通信部主宰で「2006 次世代コンピューティング産業展示会」が開催され、CNET Japanの姉妹サイトであるZDNet Koreaでもこのときの様子を伝えている。2006 次世代コンピューティング産業展示会は、IT企業や関連の研究所などが参加し、デジタル機器や技術などが一堂に披露される次世代技術の展示会だ。この展示会で特に大きな注目を浴びたのがウェアラブルコンピュータ。このウェアラブルコンピュータの研究について、KAIST(韓国科学技術院)電気電子工学科のユ・フェジュン教授は「現在、ウェアラブルコンピュータは携帯電話事業者から多くの関心を集めており、今後携帯電話と融合した製品を来年あたりに目にすることができるだろう」と明らかにした。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加