logo

フォトレポート:自然をまねるバイオミミクリーを使った工業デザイン - 7/7

CNET News.com Staff2006年11月07日 20時10分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 バークレー校の科学者たちは高感度赤外線センサー開発のため、タマムシを研究している。タマムシは、その感知器官を使って最大50km離れた熱波を検出できる。その能力を利用して、焼け朽ちた木を探し、卵を産み付ける。米軍も同様に機能する赤外線センサーを持つが、このセンサーは氷点下でないと機能しない。一方タマムシは常温下でこの能力を発揮している。科学者たちは、この感知器官の機能の解明に取り組んでいる。
Scroll Right Scroll Left

 バークレー校の科学者たちは高感度赤外線センサー開発のため、タマムシを研究している。タマムシは、その感知器官を使って最大50km離れた熱波を検出できる。その能力を利用して、焼け朽ちた木を探し、卵を産み付ける。米軍も同様に機能する赤外線センサーを持つが、このセンサーは氷点下でないと機能しない。一方タマムシは常温下でこの能力を発揮している。科学者たちは、この感知器官の機能の解明に取り組んでいる。

提供:UC Berkeley/UC Davis

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]