logo

Windows Vista & Office 2007--マイクロソフト、日本語版の価格を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは10月26日、来年1月発売予定(企業向けは11月発売予定)の次期OS「Windows Vista」と「Office 2007」の日本語版の価格などを発表した。価格はすべてオープンとなる。

ジェイ・ジェイミソン氏 「Windows Vista」「Office 2007」の価格とアップグレード支援施策を発表するWindows本部 本部長のジェイ・ジェイミソン氏
Windows Vista

 製品ラインアップは、「Windows XP Home Edition」のアップグレードでホームユーザー向けの「Home Basic」、「Windows Aero」とメディアセンターが収録された主力エディションである「Home Premium」、企業のセキュリティ要求に応えるビジネスユースの「Business」、すべての機能を有し最上位に位置する「Ultimate」の4種類となる。各製品の参考価格(税別)は以下の通り。

  • Windows Vista Ultimate
    通常版:4万8800円 アップグレード版:3万1800円
  • Windows Vista Business
    通常版:3万7800円 アップグレード版:2万5800円
  • Windows Vista Home Premium
    通常版:2万9800円 アップグレード版:1万9800円 アカデミック版:1万7800円
  • Windows Vista Home Basic
    通常版:2万5800円 アップグレード版:1万3800円
横井伸好氏 開発状況を「フライトに例えるなら最終着陸態勢に入った」と高らかに宣言するも、「発売日は着陸してから」と歯切れが悪かったインフォメーションワーカービジネス本部 本部長の横井伸好氏
Office 2007

 また、同時に発表された「Office 2007」は、「Windows Vista」と同様に4種類の製品で展開される。収録されるソフトは、「Office Personal 2007」がWord、Excel、Outlookの3種類。「Office Standard 2007」が「Personal」の3種類にPowerPointを加えた4種類。「Office Professional 2007」が「Standard」にAccess、Publisherを加えた6種類。「Office Ultimate 2007」が「Professional」にGroove、OneNote、InfoPath、InterConnectを加えた10種類となっている。各製品の参考価格(税別)は以下の通り。

  • Office Ultimate 2007
    通常版:8万4800円 アップグレード版:6万7800円 アカデミック版:3万9800円
  • Office Professional 2007
    通常版:5万9800円 アップグレード版:3万7800円 アカデミック版:3万2800円
  • Office Standard 2007
    通常版:5万2800円 アップグレード版:2万8000円
  • Office Personal 2007
    通常版:4万4800円 アップグレード版:2万1800円
アップグレードプログラムは10月26日より開始

 現在発売中の現行バージョン製品から、「Windows Vista」および、「Office 2007」へのアップグレードを支援する「今なら、どちらも安心アップグレード プログラム」も本日(10月26日)より開始される。これは、すでにPCメーカー各社から発売されている「Windows Vista」対応PC(Capable PC)を安心してアップグレードできるサービスである。

 2006年10月26日〜2007年3月15日までが対象期間となっており、それぞれの優待価格は、PCメーカーによって異なる。相場としては、「Windows XP Home Edition」からのアップグレードの場合だと、「Home Premium」で約1万2000〜5000円、「Home Basic」で約6000〜1万円。約3000〜5000円引きの優待価格となる。

 また、「Windows Aero」など新機能を利用したいのであれば、「Premium Ready」のロゴが入った対応PCを選ぶ必要がある。

アップグレード対応エディション
アップグレード図

-PR-企画特集