シスコ、新しいテレビ会議ソリューション「Cisco TelePresence Meeting」を発表 - (page 2)

文:Marguerite Reardon(CNET News.com) 翻訳校正:佐藤卓、小林理子2006年10月24日 21時39分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多人数用と少人数用--2つのバージョンを提供

 Cisco Systemsは、この製品に2種類のバージョンを用意している。「Cisco TelePresence 3000」は、12名でのテレビ会議に対応した製品だ。このバージョンのトータルパッケージでは、専用ルームが必要で、1080pの解像度に対応した高品位フラットパネルディスプレイを3台設置することになる(「1080」は走査線が1080本あることを、「p」は走査線の書き換え方式がプログレッシブ、つまりノンインターレースであることを示す。現在最も一般的な高品位テレビの解像度は720pだ)。さらに、半円形のテーブル、マイクとスピーカーのセット、それにカメラをそろえなければならない。このシステムでは、あたかも同じ部屋にいるかのように参加者が互いに向かい合って座り、話ができる仮想環境を作ろうとしている。

 一方、小規模にまとめた「Cisco TelePresence 1000」も用意されている。必要なフラットパネルディスプレイは1台だけだ。このバージョンは、小人数での会議や1対1の会話での利用に適している。DeBeer氏自身もカリフォルニア州サンノゼにいながら、テキサス州リチャードソンにいるアシスタントと話し合うために、このバージョンのシステムを使っている。同氏はこのバージョンは小売店などでも役立つと考えている。たとえば、小売チェーンのBest Buyの商品に詳しい専門家が、店内の買い物客と即座に連絡をとったり、診療所にいる医者が患者の病状について詳しい専門医に尋ねたりといった用途に使えるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]