KDDI、2007年1月に東電の光通信事業買収へ

島田昇(編集部)2006年10月13日 13時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと東京電力は10月12日、東京電力の光ネットワーク・カンパニー(光NWC)にかかわる事業をKDDIに統合することで合意したと発表した。2007年1月1日に光NWCにかかわる事業を分割し、KDDIが継承。KDDIは東京電力に対して普通株式14万4569株を割り当てる。

 自前の光通信網を持つことで、「NTTグループが提供できないサービスを提供」(KDDI社長の小野寺正氏)。順次、他の電力会社にも呼びかけて全国展開を図る一方、光通信網の首都圏エリア内で3割のシェア獲得を目指す。

 KDDIはNTTグループへの対抗軸形成を目指し、一年前の2005年10月に東京電力と通信事業における包括提携を発表済み。今年1月に実施したKDDIとパワードコムの合弁に続く取り組みとなる。

 統合に向けては、KDDI副社長の山本正博氏を委員長とする「統合準備委員会」を設置。統合業務の円滑な推進を目指す。

 分割期日に東京電力からKDDIに理事1人が就任するとともに、光NWCの社員200人はKDDIに出向して引き続き業務に従事する予定。東京電力の「TEPCOひかり」利用者は、引き続きISPを通じてサービスの継続利用ができる。

 また、1月1日をメドに光ファイバの建設・保守を受託する合弁会社を設立する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加