夢の街創造委員会、カード決済サービスで三井住友カードらと提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 出前サイト「出前館」の運営を手がける夢の街創造委員会は10月11日、三井住友カードおよびGMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)と業務提携し、出前館において、クレジットカードによる決済サービスを17日から開始すると発表した。

 カード決済サービスの導入により、出前館の加盟店は、自社でシステムを構築することなくクレジットカード決済の仕組みを利用することが可能になるほか、新たな需要の取り込みによるオーダー数の増加や、高額注文の増加によるオーダー単価の向上が見込めるとしている。

 加盟チェーン店は、「ストロベリーコーンズ」(ストロベリーコーンズ)、「ナポリの窯」(ストロベリーコーンズ)「菱膳」(ファンシーコーポレーション)。取り扱い店舗は、サービス開始時点では直営店を中心とした一部店舗のみとなるが、随時取り扱い店舗を拡大していく予定。

 出前館加盟店との契約を三井住友カードが、クレジットカード決済システムの提供をGMO-PGが行う。

 夢の街創造委員会は、カード決済サービスの導入により、従来の出前館ユーザーの利用機会を拡大することで、さらなるオーダー数の向上を目指す。また、三井住友カードとGMO-PGは、出前館にカード決済サービスを提供することにより、他の業界と比較してクレジットカード決済の導入が遅れているデリバリー業界におけるサービス展開を図っていくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加