DIGA最強の布陣--松下電器、Blu-rayレコーダー2機種を発表

加納恵(編集部)2006年09月20日 21時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業は、デジタルレコーダーの人気シリーズ「DIGA」の新モデルとして、Blu-rayレコーダーを2機種をラインナップした。価格はともにオープン。11月15日より発売される。

 新機種として発表された「DIGA DMR-BW200」、「DIGA DMR-BR100」は、ともにHDDを内蔵しながら、Blu-ray、DVDドライブを搭載したハイビジョンBlu-rayレコーダーだ。Blu-rayディスクソフトの再生が行える、プレーヤー機能を世界初搭載したほか、HDDからBlu-rayへハイビジョン映像を約4倍速でダビングできる。

 両機種ともに、大容量50Gバイトの2層BDディスクの録画、再生が行えるほか、DVD-RAM、-RW、-R DL対応のBD/DVDマルチドライブを搭載。今回の新製品より、BDディスクにはカートリッジレスタイプものに変更された。従来までのカートリッジタイプのBDディスクは再生のみ互換性を持たせている。

DMR-BW200 DIGA DMR-BW200
・DIGA DMR-BW200
(実勢予想価格:30万円前後)

500GバイトのHDDを内蔵し、地上デジタル放送をそのままの画質で約63時間の録画が行える。地上、BS、110度CSデジタルチューナーを2基搭載し、「デジデジどっちも録り」機能を内蔵したほか、i.LINK(TS)入出力端子を装備し、D-VHSなどとの連携も可能だ。

DMR-BR100 DIGA DMR-BR100
・DIGA DMR-BR100
(実勢予想価格:24万円前後)

200GバイトのHDDを内蔵し、地上デジタル放送をそのままの画質で約25時間15分の録画が行える。地上、BS、110度CSデジタルチューナーは1基のみ。i.LINK(TS)端子も省いたシンプルな仕様だ。

 また同社では、Blu-rayレコーダーの登場にあわせ、録画用のBlu-rayディスクも同時に発表した。カートリッジレスタイプで、1層(25Gバイト)、2層(50Gバイト)ともに、書き換えタイプと追記タイプの計5機種がラインアップされた。価格はすべてオープン。詳細は以下の通り。

【書き換え型】
・LM-BE25A(1層25Gバイト/実勢予想価格:2500円)
・LM-BE50A(2層50Gバイト/実勢予想価格:6000円)
【追記型】
・LM-BR25A(1層25Gバイト/実勢予想価格:1800円)
・LM-BR25AP3(1層25Gバイト、3枚パック/実勢予想価格:5000円)
・LM-BR50A(2層50Gバイト/実勢予想価格:4300円)
Blu-rayディスク Blu-rayディスクも全5機種が登場した。実勢価格はカートリッジ付きタイプに比べ約15%程度値下げされる見込みだ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加