ブレインパッド、サイト訪問者の行動遷移を基にしたコンテンツ自動最適化ツールを販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 データ分析のブレインパッドは9月12日、サイト訪問者のサイト内での行動遷移に応じて、最適なコンテンツを自動的に表示させるコンテンツ自動最適化ツール「Rtoaster(アールトースター)」の販売を開始した。

 Rtoasterは、オーリック・システムズのアクセスログ解析ツール「RTmetrics」を利用したパケットキャプチャリング方式、またはビーコン方式のASPサービスにより、サイト訪問者の訪問経路やサイト内でのクリック状況をリアルタイムに把握、解析し、あらかじめ設定したコンテンツ表示ルール(レコメンドルール)に従って、個々の訪問者の訪問時の状況に合わせた表示内容に切り替えることが可能なレコメンデーションツール製品だ。既存のウェブシステムに手を加えることなく、短期間で導入することができる。

 リアルタイムに収集する訪問者の行動遷移データを分析対象とすることで、購買実績などの過去のサンプルデータの量に依存することなく、初めての訪問者に対しても、趣向や要求を捉えた効果的な商品提案やサービス提案ができるという。また、ルールベースエンジンを採用することで、訪問者を注力商品の紹介ページやキャンペーン情報に誘導することもでき、LPO(ランディングページ最適化)のツールとしても活用することができるとしている。

 Rtoasterは、ソフトウェアライセンスとしての販売、または月額報酬に基づく運営サービスとして提供する。また、要望に応じて、分析指標やレコメンドルールの設定に関する導入支援コンサルティングも提供する。

 ブレインパッドは今後、Rtoasterの製品機能を、同社が主力サービスとして提供するデータ分析、データマイニングのノウハウと組み合わせることで、マーケティング活動の全体効果を最大化するためのサービスとして展開するとしている。Rtoasterの販売および導入支援コンサルティングにより、初年度1億円の売り上げを見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加