カブドットコム、ドコモの「iチャネル」向けに株式情報を配信開始--PTSとも連携

ニューズフロント2006年09月07日 18時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カブドットコム証券は9月7日、NTTドコモのプッシュ型情報サービス「iチャネル」向けに株式情報を配信する「kabu.comチャネル」を、9月11日より開始すると発表した。9月15日に開設する夜間取引市場「kabu.comPTS」と連携するという。

 iチャネルは、FOMA携帯電話機の待ち受け画面に、パケット代なしでニュースや気象情報のヘッドラインを配信するサービス。

 新たに提供するkabu.comチャネルでは、日経平均やTOPIX、カブドットコム証券の株価情株式市況ニュースのヘッドラインを配信する。いずれも自動更新し(株価は20分遅れ)、ユーザーが更新間隔を設定できる。カブドットコム証券がネット上で提供する日中足、日足、週足、月足の各チャートや、証券取引サービスへのリンクも張る。

 夜間取引市場kabu.comPTSの開設後は提供情報を拡充し、kabu.comPTSでの投資情報や株式ニュースなどを配信する予定。

 配信プラットフォームには、Jストリームが提供するiチャネル向け情報配信ASPサービス「FCaster」とコンテンツ管理サービス「FProducer」を採用する。kabu.comチャネルの利用は無料だが、別途iチャネルの月額利用料がかかる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加