ガイアックス、コミュニティサイト運用サービスにて動画投稿の監視メニューを追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガイアックスは8月18日、フォースクーナと提携合意し6月よりサービスを開始した「community-cruise(コミュニティクルーズ)」に、動画投稿の監視サービスを追加したと発表した。

 コミュニティクルーズは、コミュニティサイトの運営会社向けに、24時間365日の有人により、システムの稼働監視、投稿監視、メールサポートなどを代行するサービスだ。投稿監視は、掲示板やブログなどのコミュニティに対するコメント、画像などの投稿を監視し、不適切な投稿には警告や削除を行う。

 今回追加となる動画投稿の監視サービスは、コミュニティクルーズのサポート人員が実際に目で見て監視し、著作権、わいせつ、名誉毀損、反社会的、迷惑行為など、不適切と判断した投稿動画を、速やかに削除するサービスだ。

 不適切の判断については、コミュニティ運営側と基準を作成し、不適切か判断しかねる場合は、コミュニティ運営側に連絡のうえ確認をとる。また、必要があれは、不適切な動画の投稿者に対して警告も行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加