logo

ブログサービス「MSN スペース」、「Windows Live」サービスとしてリニューアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは8月2日、無料で登録、利用できるブログサービス「MSNスペース」の名称を「Windows Live スペース」に変更し、正式版として提供を開始した。Windows Live メッセンジャーやWindows Live メールが統合され、これらとの連携も容易に行える。

 Windows Liveは、ユーザー個人用のポータルサイトを作成できるサービス。今回、MSNスペースについてもWindows Liveのサービス名称に統一した。メールや連絡先、メッセンジャー、ブログなどといったMSNのサービスを統合することができ、ページに表示させるコンテンツやデザインを自由にカスタマイズできるため、それぞれの情報にアクセスしやすくなっている。

 正式版となったWindows Live スペースは、ブログを基本とした次世代サービスと位置づけられており、日記やフォトアルバム、メンバーリスト、ミュージックの項目が用意されている。ユーザーは写真付きの日記などを自由にアップし、不特定多数や友だちに限定して情報を発信できる。プロフィールを登録し、友だちに紹介することなどで、さらに友だちを増やしていくことができる。フィードに対応していることも特徴だ。

 マイクロソフトではWindows Liveの主要サービスの約半分は今夏の終わりまでに発表、提供するとしており、将来的には何百というガジェットと呼ばれる便利ツールも提供される予定だという。ユーザーは好きなガジェットをブログのモジュールとして選ぶことができるようになる。また、インターネット広告にも積極的に取り組んでいく計画だ。

-PR-企画特集