logo

ゆめみ、携帯電話用RSSリーダーをコンテンツプロバイダー向けに提供

永井美智子(編集部)2006年08月02日 11時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話サイトの構築、運営をてがけるゆめみは、携帯電話用のRSSリーダーをコンテンツプロバイダー向けに提供する。企業側がユーザーのメールアドレスを保管するリスクを抱えることなく情報発信できるツールとして売り込む考えだ。

 RSSリーダーの名称は「Sweetカレンダー」。ゆめみが2005年12月に開発したRSSリーダー「Sweet」をベースにしている。NTTドコモの公式サイト用にバージョンアップしたものといい、提供企業はNTTドコモの公式サイトを提供する企業に限っている。

 携帯電話を使った情報配信としてはメールマガジンが一般的だ。しかし、個人情報保護法の施行に伴って、企業が個人情報を取得、保管することに慎重になっている。Sweetカレンダーはユーザーがアプリケーションをインストールすれば自動的にRSSで配信された情報を取得するため、企業側がメールアドレスを取得する必要がない。また、情報更新頻度が高くてもユーザーの負担にならないという。

 SweetカレンダーではRSSリーダー機能のほか、カレンダー機能も備えており、ユーザーが自分のスケジュールを書き込むこともできる。また、配信された情報をカレンダー形式で表示することも可能だ。

 ゆめみによると、すでにドコモ公式サイトでの導入実績があるといい、料理のレシピを配信するのに使われているという。

 発売は8月2日からで、初期導入費用は150万円からとなっている。

-PR-企画特集