ブログでBGMが流せる、音楽コミュニティサービス「PLAYLOG」がベータ版に

永井美智子(編集部)2006年07月05日 12時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レーベルゲートは7月7日、音楽コミュニティサービス「PLAYLOG」をベータ版にバージョンアップする。新たに、ブログ上で楽曲をBGMとして流せるサービス「Webうた」を開始する。

 PLAYLOGは、プロフィールやブログ(200Mバイトの容量)、音楽再生の履歴「プレイログ」を公開して、他のユーザーとコミュニケーションできるサービスで、2月よりアルファ版」を開始していた。

 WebうたはオリジナルCD音源をブログのBGMとして流せるサービス。ソニー・ミュージックエンタテインメントなどが楽曲を提供する。これまで権利処理の関係から、個人サイトが既存の楽曲をBGMとして利用することは難しかった。

 購入したWebうたは他のPLAYLOG利用者に贈ることも可能といい、送り手が任意のWebうたを設定してPLAYLOGのメッセージを送信すると、受け取った側がメッセージを読む際にWebうたが流れる。また、受け取り手が自分のブログのBGMとして利用することも可能だ。

 Webうたの音源はフラッシュ形式で、ビットレートは48Kbpsとなっており、楽曲の長さは30秒から45秒未満となる。使用料は音源により異なり、再生期間は30日単位で販売される。ブログやコミュニティ機能などは無料となっている。

 PLAYLOGはSonicStageやiTunesを使ってPCで再生している楽曲を表示したり、再生履歴を管理、公開したりできる点が大きな特徴となっている。なお、楽曲再生履歴を元にしたコミュニティサービスとしては、ミクシィの「mixiミュージック」や、エキサイトが7月より国内展開を計画している「Last.fm」などがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加