logo

MS、エンターテイメント部門マーケティングトップにクライスラー幹部を指名

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:河部恭紀(編集部)2006年06月07日 11時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間6月6日、XboxやWindows版ゲームの売り込みを加速させるため、Interactive Entertainment Businessグループのグローバルマーケティング担当トップにJeff Bell氏を任命した。

 DaimlerChryslerのChrysler Groupで製品戦略担当バイスプレジデントを務めるBell氏は、6月12日付けて新しい役職に就く。Bell氏はChrysler時代に、同自動車メーカーのビデオゲームやオンラインマーケティング進出を進めて有名になった。

 MicrosoftのInteractive Entertainment Business担当バイスプレジデントで、Xboxのマーケティングトップを務めていたPeter Moore氏は声明のなかで、「Jeffは消費者の体験と技術革新をユニークな形で組み合わせ、これを双方向エンターテイメントビジネスに生かすことができる。車のビデオゲーム戦略を推進した実績と、都市部でのマーケティングプランに与えた影響を見れば、彼の専門知識とリーダーシップの力は明らかだ」と述べた。

 Chryslerは、マーケティングツールとして40種類のオンラインゲームを開発し、300万人以上の登録ユーザーを集めた。

 Microsoftも、自社のゲームを使って同じような成功を目指している。同社は2005年12月、自社のエンターテイメント、デバイス部門を4つの事業部に分割し、その1つが現在のInteractive Entertainment Business事業部となった。

 このときの分割は、Microsoft全体を3つの事業部に分割した同年9月の大規模構造改革の一環だった。この構造改革はMicrosoftの意志決定を合理化し、製品開発を加速させるためのものだった。

 Moore氏は1月、新しいXbox 360ゲーム機が全体的には予定通りの売上であることを示唆した。ただし、北米では小売業者らが在庫を確保できない問題を抱え、日本では消費者が新しいゲーム機の購入になかなか踏み切らない状況にある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集