logo

日本HP、個人向けノートPC2機種を発売--OSを起動せずDVDやCDの再生も可能

エースラッシュ2006年06月02日 19時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は6月2日、DVDなどのエンターテインメント機能を強化した個人向けノートPC「HP Pavilion Notebook PCシリーズ」2機種を発売すると発表した。

 今回発売されたのは、14.0インチワイド液晶を備えた「HP Pavilion Notebook PC dv1700/CT」と、15.4インチワイド液晶を備えた「HP Pavilion Notebook PC dv5200/CT」の2機種。どちらもインテルCore Duoプロセッサ搭載モデルを用意し、各種インターフェースを本体側面に配置するなど使い勝手を向上した。

 さらに、OSを起動せずDVDやCDなどの再生が行える「HP QuickPlay」機能、米ALTEC LANSING製の高音質ステレオスピーカーといった、エンターテインメント機能も強化した。

 dv1700/CTには、DVDやCDの再生、停止、音量の増減などがワンタッチで操作できる「メディアコントロールキー」をキーボード上部に装備した。オプションとしてExpressCardスロットに内蔵可能なカード型リモコン「HPモバイルリモートコントローラ」も選択できる。メモリはPC2-4200 DDR2-SDRAM 512Mバイトから2Gバイト、HDDは40Gバイトから100Gバイトが用意されている。販売開始は6月中旬で、HP Directplus価格は税込7万9800円からとなっている。

HP Pavilion Notebook PC dv1700/CT 「HP Pavilion Notebook PC dv1700/CT」

 dv5200/CTは、操作性や拡張性を強化したデスクトップPCからの買い換えにも最適なモデルだ。メモリはPC2-5300 DDR2-SDRAM 512Mバイトから2Gバイト、HDDは40Gバイトから120Gバイトが用意されている。販売開 始は6月中旬で、HP Directplus価格は税込8万4000円からとなっている。

 さらに、各500台限定で「Pavilion発売記念キャンペーン」を実施する。インテルCore Duoプロセッサを搭載し10万円を切るモデルなどが用意されており、こちらは6月2日より販売を開始した。なお、両機種ともカスタマイズが可能なCTOモデルとして、HP Directplusオンラインストア、HP Directplusコールセンター(03-6416-6777)、日本HP販売代理店で販売する。

-PR-企画特集