日立と日本気象協会など、洪水3D可視化シミュレータ「DioVISTA/Flood Simulator」

ニューズフロント2006年06月02日 14時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所、日立エンジニアリング・アンド・サービス、日本気象協会は6月2日、堤防決壊や河川はんらんによる洪水の状況を3次元(3D)可視化できる洪水シミュレータ「DioVISTA/Flood Simulator」の販売を6月30日に開始すると発表した。税込み価格は480万円から。

 DioVISTA/Flood Simulatorは、日立と日本気象協会が2005年8月に発表した洪水シミュレーション技術をベースに、日立エンジニアリング・アンド・サービスが加わって製品化したソフト。地理情報システム(GIS)の3D地図上で、洪水の状況を可視化できる。一般的なWindows対応PCで作動し、台風や大雨で発生が予想される水害について、地域ごとの地理情報に対応した予測を行う。

 製品化にあたり、新開発のGISである「DioVISTA」を採用し、衛星写真、標高データ、地形図、道路地図、住宅地図を組み合わせ、地形や建物を立体化する3D表示を実現した。「DioVISTA上で高速洪水シミュレーションを行うことで、従来のハザードマップでは表現不可能であった浸水状況の経緯などについて、高精度な予測を可能とする」(日立など)

 また、国土地理院地形図データや昭文社道路地図などの各種地図に全国規模で対応しているため、国内のどの河川でもシミュレーション対象として指定できる。

 今後、日立と日立エンジニアリング・アンド・サービスは、日本気象協会の気象情報提供システム「Meteorological Information Comprehensive Online Service(MICOS)」から提供される気象予測情報と連携させ、河川流入予測、河川水位予測、河川越水箇所予測、高潮シミュレーションなどの機能を追加し、総合防災システムへ拡張していく予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加