logo

イー・モバイル、携帯電話事業の資金調達を完了--3600億円を確保

永井美智子(編集部)2006年06月01日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イー・アクセスの子会社で携帯電話事業を手がけるイー・モバイルは5月31日、携帯電話事業に必要な資金として、3600億円を調達したと発表した。銀行からの借り入れに加えて、新たにシンガポールの投資会社であるTemasek Holdingsなどから273億円を調達する。

 Temasekのほか、Goldman Sachs Group、イー・アクセスなどが第三者割当増資を引き受ける。内訳はTemasekが120億円、Goldman Sachs Groupが68億円、イー・アクセスが50億円で、そのほかが34億8000万円となっている。今回の増資により、イー・モバイルの資本金と資本準備金の合計は1432億1000万円となる。

 増資後の出資比率は以下の通り。

  • イー・アクセス:46.2%
  • Goldman Sachs Group:24.9%
  • Temasek Holdings:7.0%
  • 東京放送(TBS):6.6%
  • Woodperker Group:3.5%
  • New World TMT Limited:3.5%
  • 三井物産株式会社:2.9%
  • その他:5.4%

 イー・モバイルはすでに2200億円を金融機関から借り入れることを決定しており、今回の増資とあわせて3600億円以上の事業資金を確保したとしている。

-PR-企画特集