logo

日本の違法コピー率は28%、損害額は約1800億円--BSAが調査結果発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は5月23日、2005年1月〜12月における全世界PCソフトウェアの違法コピー状況を調査した「第3回BSA・IDC世界ソフトウェア違法コピー調査」の結果を発表した。日本における昨年の違法コピー率は前年同率の28%、損害額は16億2100万米ドル(約1800億円)という結果だった。

 同調査はBSAが世界的なハイテク調査会社であるIDCに委託したもので、PCで使用するすべてのパッケージソフトウェアを調査対象としている。

 調査によると、2005年の全世界の違法コピー率は35%、同損害額は340億(約3兆8000億円)ドルとなったものの、中国、ロシア、インドなどの新興国および中欧、東欧、中東、アフリカの数多くの市場で、違法コピー率の低下が明らかになった。

 中東およびアフリカでは、26カ国中19カ国において違法コピー率が減少し、そのうち12カ国では2ポイント以上の減少が見られた。ロシアでは4ポイント、インドでは2ポイント、さらに、世界有数のIT市場の急成長国である中国では4ポイント減少した。

 なお、主要な調査結果は以下のとおり。

高違法コピー率上位10カ国
国名違法コピー率
ベトナム90%
ジンバブエ90%
インドネシア87%
中国86%
パキスタン86%
カザフスタン85%
ウクライナ85%
カメルーン84%
ロシア83%
ボリビア83%
低違法コピー率上位10カ国
国名違法コピー率
米国21%
ニュージーランド23%
オーストラリア26%
フィンランド26%
デンマーク27%
ドイツ27%
スウェーデン27%
スイス27%
イギリス27%
日本28%
高違法コピー損害額上位10カ国(単位:百万ドル)
国名損害額
米国6895
中国3884
フランス3191
ドイツ1920
イギリス1802
ロシア1625
日本1621
イタリア1564
カナダ779
ブラジル766

-PR-企画特集