logo

松下とソニー、HDデジタルビデオカメラ規格「AVCHD」の基本仕様を策定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業とソニーは5月11日、8cmDVDディスクでのデジタルハイディフィニション(HD)映像の記録再生を可能にするHDデジタルビデオカメラ規格「AVCHD(エイブイシーエッチディー)」の基本仕様を策定したと発表した。

 AVCHD規格は、1080i(有効走査線数1080本、インターレース方式のHD規格)方式や720p(有効走査線数720本、プログレッシブ方式のHD規格)方式のHD信号を8cmDVDディスクに高効率の圧縮符号化技術を用いて記録するHDデジタルビデオカメラの規格。映像圧縮にはMPEG-4 AVC/H.264方式を、音声にはドルビーデジタル(AC-3)方式またはリニアPCM方式を採用している。

AVCHD 「AVCHD」のロゴ

 MPEG-4 AVC/H.264方式は、MPEG-2やMPEG-4に対して2倍以上の高い圧縮符号化効率を持つ映像圧縮方式で、この方式を採用することにより、8cmDVDディスクにもデジタルビデオカメラの高画質なHD映像信号を記録することができる。

 AVCHD規格を採用することにより、小型かつ高画質、高音質なHDビデオカメラの商品開発が可能になるという。両社は、AVCHD規格を関連業界に提案するための各種ライセンスに関する準備を開始するとしている。

-PR-企画特集