任天堂、「Revolution」の正式名称を発表--米でも話題に

文:Daniel Terdiman(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)2006年04月28日 14時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1年あまりの間、任天堂の次期型ゲーム機は「Revolution」というコード名のみが知られていた。しかし、米国時間4月27日、同社は同ゲーム機の正式名称は「Wii」であることを発表した。

 「we」と同じ発音のこの名称には、複数のプレーヤーが一緒にゲームをするときの連帯感を想起させる狙いがある。さらに、見た目にも2人の人間が一緒に立っているように見えるだろうと、任天堂は説明する。

 任天堂のマーケティング&コーポレートアフェア担当バイスプレジデントのPerrin Kaplan氏は「われわれは高い技術力を持つ会社で、この名称で当社の革新性と独自性を表現したいと考えている」と語った。「(コントローラーの名前)を見るときは、発音だけでなく、それがコントローラーそのもの象徴であることにも着目してほしい。コントローラーはこのゲーム機の最も革新的で独創的な部分だ」(Kaplan氏)

 Wiiは第4四半期中に発売される予定で、2005年秋に発売されたMicrosoft「Xbox 360」や、今後発売予定のソニー「PlayStation 3」と競合する。任天堂は、リモコンのようにプレーヤーが片手で持つタイプのコントローラーを前面に打ち出すことで、同ゲーム機の差別化を図ろうとしてきた。

 一部にはWiiの発音が分からない人もいるであろうことをKaplan氏は認めたが、任天堂は大々的なキャンペーンを展開する予定で、第4四半期のゲーム機発売時には全く問題がないはずだと同氏は語る。

 例えば、現在ウェブビデオの配布がNintendo.comで始まっており、テレビ広告も2006年中に放送開始予定だ。

 「そのうちこの名前に慣れるだろう。しかし、ほかとは違う印象を与えるだろう。われわれの狙いはそこにある」とKaplan氏は言う。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加