logo

ソニー、光学手ブレ補正とISO1000に対応したサイバーショット「DSC-T30」を発売

エースラッシュ2006年04月06日 17時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは4月6日、「光学式手ブレ補正」機能と「高感度ISO1000」の両方に対応したデジタルカメラ「サイバーショット「DSC-T30」を発売した。

 DSC-T30は、光学3倍ズームや1/2.5型Super HAD CCDを搭載した、有効画素数720万画素のコンパクトデジタルカメラだ。23万ドットの3.0型液晶モニター「クリアフォト液晶プラス」を搭載するほか、BGMをつけて撮影した画像を再生できる「音楽つきスライドショー」機能も備える。

「DSC-T30」

 撮影機能として「光学式手ブレ補正」機能を搭載。手ブレや被写体ブレによる画像のブレを抑えられる。また、ISO1000に対応するため夜景や暗い室内でもフラッシュなしでの撮影が可能だ。自動露出の精度向上と階調特性の見直しによって、ダイナミックレンジが従来機種と比較して135%に広がっているのも特徴といえる。

 さらに、約1cmまで被写体に近寄って撮影できる「拡大鏡モード」も搭載。バッテリーについては、1回の充電で約420枚の撮影が可能なスタミナ設計となっている。

 内蔵メモリは58Mバイトで、メディアはメモリースティック デュオおよびメモリースティック PROデュオに対応。画像管理ソフト「Cyber-Shot Viewer Ver1.0」も付属する。なお、市場推定価格は5万円前後となっている。

-PR-企画特集