フォトレポート:レボリューションで復活する懐かしのゲームたち

永井美智子(編集部)2006年03月24日 19時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 任天堂は3月24日、2006年中に発売する予定の次世代家庭用ゲーム機「レボリューション(仮)」で、セガの家庭用ゲーム機「メガドライブ」「ジェネシス」や、ハドソンとNEC(旧:日本電気ホームエレクトロニクス)が共同開発した「PCエンジン」のゲームソフトがプレイできるようになると発表した。ここでは、レボリューションで「復活」する懐かしのゲーム機や、これまでに明らかになったレボリューションの形を見ていこう。写真は1987年に発売された初代のPCエンジンだ。価格は2万4800円だった。
Scroll Right Scroll Left

 任天堂は3月24日、2006年中に発売する予定の次世代家庭用ゲーム機「レボリューション(仮)」で、セガの家庭用ゲーム機「メガドライブ」「ジェネシス」や、ハドソンとNEC(旧:日本電気ホームエレクトロニクス)が共同開発した「PCエンジン」のゲームソフトがプレイできるようになると発表した。ここでは、レボリューションで「復活」する懐かしのゲーム機や、これまでに明らかになったレボリューションの形を見ていこう。写真は1987年に発売された初代のPCエンジンだ。価格は2万4800円だった。

画像提供:ハドソン

 任天堂は3月24日、2006年中に発売する予定の次世代家庭用ゲーム機「レボリューション(仮)」で、セガの家庭用ゲーム機「メガドライブ」「ジェネシス」や、ハドソンとNEC(旧:日本電気ホームエレクトロニクス)が共同開発した「PCエンジン」のゲームソフトがプレイできるようになると発表した。ここでは、レボリューションで「復活」する懐かしのゲーム機や、これまでに明らかになったレボリューションの形を見ていこう。写真は1987年に発売された初代のPCエンジンだ。価格は2万4800円だった。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加