logo

「ゴッドファーザー」をリバースエンジニアリングしたゲーム開発者

文:Daniel Terdiman(CNET News.com)
翻訳校正:坂和敏(編集部)
2006年03月20日 16時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アカデミー賞受賞作「The Godfather」は、多くの人々が何度も繰り返し鑑賞している映画の1つだ。しかし、この映画のどんなに熱狂的なファンでも、鑑賞した回数でJenny Ryu氏の右に出る者はいないだろう。

 Electronic Arts(EA)のゲームソフト「The Godfather」の開発で主任キャラクターデザイナーを務めたRyu氏は、このゲームに登場する数十人のキャラクターの製作を担当した。その過程で、同氏はおよそ1年間、来る日も来る日もこの映画を見なければならなかった。

 Ryuがそうせざるを得なかったのには理由がある。「The Godfather」はすでにビデオゲーム化されている他の多くの映画とは異なり、1972年に製作された大変古い映画であるため、これを製作したParamount Picturesが、作品中に登場するMarlon BrandoやJames Caan、Robert Duvallといった俳優陣の高精細デジタル画像を、Ryu氏と同氏率いる開発チームに提供できなかったためだ。Ryu氏らは、ゲームに登場する映画の登場人物に瓜二つのおよそ60人分のアニメキャラクターを製作するための参考資料として、それらのデジタル画像を必要としていた。

 しかし、結果的に入手できなかったため、Ryu氏はそれらのキャラクターを手作業で製作しなければならなかった。そしてそのためには、テレビの前に座り、「The Godfather」の各シーンを何度も繰り返し見る必要があった。その結果、Ryu氏は、各キャラクターの容姿だけでなく、彼らの言動や表情まで把握することができた。

 「私は、複数の映画を何度も見る必要があった」とRyu氏は述べ、さらに「私は、各キャラクターの特徴、容姿、表情、雰囲気を把握する必要があった。それは私にとってかなりの難題だったが、面白い作業だった。なぜなら、映画を何度も見ているうちに、各登場人物の特徴を正確に把握できるようになるからだ」と付け加えた。

 ゲーム「The Godfather」は米国時間3月21日に発売予定となっている。

 映画業界で働く人のなかには、Ryu氏の辛い経験を理解できる人もいるだろう。というのも、多くの場合、アニメ製作者は登場人物の画像や動きを資料を参考にして手作業で製作する必要があるからだ。確かにアニメや特殊効果の大半は、各俳優を撮影したベースとなる映像を使ってアニメを製作する「モーションキャプチャー」と呼ばれる手法で製作されているが、一部の製作会社はそのような手法を使用できない。

 サンフランシスコにあるArt Institute of Californiaで、アニメ製作のインストラクターを務めるJeff Paul氏によると、例えば、Pixar Animation StudiosやPDIといったアニメ製作会社は、手作業でアニメを製作しているという。

 「Pixarが制作した一連の作品や、『Shrek』のようなアニメ映画は、全て手作業で製作されている」とPaul氏は語る。「身体の各部分の比率が実際の人間と同じである人間のキャラクターを製作する場合には、モーションキャプチャーが役に立つが、各部分の比率を誇張する場合は、モーションキャプチャーは全く役に立たない」(Paul氏)

 一方、モーションキャプチャーと手作業の両方を用いて製作される映画もある。Paul氏はその例として、映画「Spider Man」を挙げた。この映画では、手作業で製作されたシーンもあれば、主役のTobey Maguireがモーションキャプチャー用のスーツを着て、Spider Manらしい動作をしながら飛び回る様子を撮影した映像を基礎として製作したシーンもある。

 しかし、多くのゲームがデジタル化した現代では、映画をベースにしたゲームは大半が映画製作と密接に連携しながら製作されるため、Ryu氏が行ったような映画を繰り返し見るという製作プロセスは大変稀といえる。

 この点についてPaul氏は、「仮に今、(映画をベースにした)ゲームを製作しているのであれば、恐らく、モーションキャプチャーによって撮影された、今まさに映画製作に取り組んでいる俳優らの映像が手に入るだろう」と述べ、さらに「映画をベースにしたゲームの多くが、元となる映画と連携する形で製作されていることから、(EAの「Godfather」の開発プロセスは)異例といえるだろう」と語った。

 それにも関わらず、最近、古い映画が相次いでゲーム化されていると同氏はいう。1979年に製作された映画「The Warriors」もその一例だ。この映画は昨年、Rockstar Gamesによってゲーム化された。

-PR-企画特集