logo

ハンモック、管理者向けのWinny対策システム--インストールの有無を確認、削除

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハンモックは3月16日、ファイル共有ソフト「Winny」による情報流出を防止する「Asset View HYPER for Winny対策ソリューション」を発表した。

 Asset View HYPER for Winny対策ソリューションは、ハンモックが開発したPCライフサイクル管理ツールAsset View HYPER シリーズをベースにした、管理者向けWinny対策システム。社内ネットワークのクライアントPCにおけるWinnyの有無を確認、検出できるほか、どのPCのどの場所でWinnyが稼動しているのか監視したり、Winnyが稼動するPCをリモートコントロールしてWinnyを強制終了することが可能。また、削除用バッチファイルを作成し、Winnyを削除することもできる。

 参考価格は、50〜99クライアントの場合、5850円からとなっている。

-PR-企画特集