logo

BIGLOBE、「ウェブリメッセンジャー」にSNSの要素を備えた「サークル機能」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECのインターネットサービス「BIGLOBE」は3月7日、インターネットに接続中のユーザー同士がリアルタイムにメッセージを交換できるコミュニケーションサービス「ウェブリメッセンジャー」の機能を強化し、SNSの要素を備えた「サークル機能」を追加したと発表した。

 今回追加されたサークル機能は、メッセンジャー上で招待制のサークル(コミュニティ)を作成できる機能だ。メンバーがそれぞれ作成したサークルに友達を招待して、SNSのようにコミュニティを広げていくことができる。

 従来のメッセンジャーサービスでは、直接1人1人とIDを交換して、友達リストに登録をしなければ、メッセージの交換ができなかった。しかし、この機能を利用すれば、サークルに招待するだけで、メッセージの交換が可能になる。

 また、サークル内のコミュニケーションを活性化する機能として、サークルのメンバー全員にメッセージを送信する「一斉メッセージ」機能も追加された。一斉メッセージへの返信は同様にメンバー全員に送信されるため、サークルメンバー全員が一緒に会話を楽しむことができる。

 ウェブリメッセンジャーの利用には、専用ソフトをダウンロードが必要だ。BIGLOBEのサービス会員もしくはカフェ会員であれば、誰でも無料で利用できる。また、これまでウェブリメッセンジャーを利用していたユーザーは、自動アップデート機能によりソフトウェアのバージョンアップをすることで、新機能を利用できるようになる。

-PR-企画特集