logo

フォトレポート:「技術革新」という魔法--Pixar作品の舞台裏に迫る

CNET News.com Staff2006年01月25日 12時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 何人もの評論家が、Pixarは技術革新という魔法に取り組んでいると評している。それはまるで、かつてのDisneyと同じだ。「The Incredibles(Mr.インクレディブル)」や「Toy Story(トイ・ストーリー)」など、Pixarの超ヒット作で目にできる技術革新は、同スタジオが作成する短編作品で最初に試される。ここでは、それらの一部を紹介する。

 Pixar初の短編作品である1986年の「Luxo Jr.(ルクソーJr.)」。子供の電気スタンドが見つけたボールで遊ぶが、最後にはボールが割れてしまう。かつてDisneyに在籍していたこともあるPixarのJohn Lasseterは、デジタルモデル作成を学んでいた時、身近で作成が容易な題材として、自分の机の上にあった電気スタンドに目を付けた。「Luxo Jr.」はアカデミー賞にノミネートされている。
Scroll Right Scroll Left

 何人もの評論家が、Pixarは技術革新という魔法に取り組んでいると評している。それはまるで、かつてのDisneyと同じだ。「The Incredibles(Mr.インクレディブル)」や「Toy Story(トイ・ストーリー)」など、Pixarの超ヒット作で目にできる技術革新は、同スタジオが作成する短編作品で最初に試される。ここでは、それらの一部を紹介する。

 Pixar初の短編作品である1986年の「Luxo Jr.(ルクソーJr.)」。子供の電気スタンドが見つけたボールで遊ぶが、最後にはボールが割れてしまう。かつてDisneyに在籍していたこともあるPixarのJohn Lasseterは、デジタルモデル作成を学んでいた時、身近で作成が容易な題材として、自分の机の上にあった電気スタンドに目を付けた。「Luxo Jr.」はアカデミー賞にノミネートされている。

写真提供:Pixar

 何人もの評論家が、Pixarは技術革新という魔法に取り組んでいると評している。それはまるで、かつてのDisneyと同じだ。「The Incredibles(Mr.インクレディブル)」や「Toy Story(トイ・ストーリー)」など、Pixarの超ヒット作で目にできる技術革新は、同スタジオが作成する短編作品で最初に試される。ここでは、それらの一部を紹介する。  Pixar初の短編作品である1986年の「Luxo Jr.(ルクソーJr.)」。子供の電気スタンドが見つけたボールで遊ぶが、最後にはボールが割れてしまう。かつてDisneyに在籍していたこともあるPixarのJohn Lasseterは、デジタルモデル作成を学んでいた時、身近で作成が容易な題材として、自分の机の上にあった電気スタンドに目を付けた。「Luxo Jr.」はアカデミー賞にノミネートされている。

-PR-企画特集