logo

米国土安全保障省、電子パスポートの試験を実施--オーストラリアなどの国際空港も参加へ

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com)
翻訳校正:河部恭紀(編集部)
2006年01月16日 15時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国土安全保障省は米国時間13日、国際空港における偽造パスポートの使用を抑制するため、電子パスポート導入に向けた2度目の試験を今週実施すると発表した。

 この試験では、生体認証技術を利用した電子パスポートを、サンフランシスコ国際空港、シンガポールのチャンギ空港、オーストラリアのシドニー空港で試用する。試験期間は1月15日から4月15日までで、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール政府が協力する。

 「今回の試験は諸外国の政府と協力する重要な機会となる。目標は、電子パスポート読み取り装置の設置を今秋末までに完了することだ」と国土安全保障省のプログラム、US-VISITのディレクターJim Williamsは声明の中で語った。

 電子パスポートには、デジタル写真を含む生体情報と経歴などの個人情報が記録される。今回試験される技術は、電子パスポート保持者が協力空港経由で入国する際に、パスポートが記録する電子情報を読み取り、そして確認するためのものだ。

 米国の外交官、オーストラリアおよびニュージーランドの市民、シンガポール航空の関係者などが電子パスポートの交付を受けた。彼らは試験を実施する国際空港で通常の入国手続きも受ける。

 この試験は、各国の電子パスポート開発に役立つ情報を集めるために活用されると、国土安全保障省は言う。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集