MS、「Windows XP Tablet PC Edition 2005」の拡張パックを提供開始

エースラッシュ2005年11月11日 21時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは11月11日、「Windows XP Tablet PC Edition 2005」で使えるユーティリティ集「Microsoft拡張パック for Windows XP Tablet PC Edition」の無償配布を同社サイト上で開始した。

 今回発表された拡張パックには、タブレットPCを効率的に利用するための4種類のプログラムと1種類のデスクトップテーマが収録されている。プログラムはデスクトップ上で直接メモを取り、後で簡単にアクセスできる「インクデスクトップ」、タブレットペンでWebサイトやドキュメントなどの選択・切り取りが可能な「Snipping Tool」、WebページやPDF、画像といったファイルをOneNoteに送信し、タブレットペンでコメントの書き込みやハイライト表示が可能な「Send to OneNote 2003」、パズルゲーム「Hexic Deluxe」だ。

 デスクトップテーマには「エナジーブルー テーマ」を収録。これは壁紙だけでなく「スタート」メニューや各ウィンドウ、ツールバーの配色を鮮やかなものに変更するものだ。

 なお拡張パックを使用するには、Windows XP Tablet PC Edition 日本語版、Microsoft .NET Framework 1.1と、空き領域が50Mバイト以上のハードディスクが必要だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加