logo

ソニー、デジタル一眼カメラ市場に参入--コニカミノルタと提携

永井美智子(編集部)2005年07月19日 18時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは7月19日、レンズ交換式のデジタル一眼レフカメラ市場に参入すると発表した。コニカミノルタフォトイメージングと共同で製品を開発し、2006年夏の商品化を目指す。

 コニカミノルタのAF(自動焦点)技術、AE(自動露出)技術、手ぶれ補正技術と、ソニーのCCDやCMOSなどのイメージセンサー、画像処理技術、リチウムイオンバッテリー技術などを組み合わせる。

 カメラ本体とレンズを接続するシステムには、コニカミノルタの「αマウントシステム」を採用する。コニカミノルタが持つ1600万本の交換レンズ資産を生かす考えだ。

 ソニーは現在、デジタルカメラの世界市場で2位の座にある。しかしコンパクト機が中心で、デジタル一眼レフへの参入が遅れていた。一方コニカミノルタはデジタル一眼レフ市場で先行するキヤノンやニコンを追うべくパートナーを探しており、両社の意向が合致した形だ。

 デジタルカメラ市場の中でもデジタル一眼レフカメラは大きく市場が伸びている分野だ。CIPA(カメラ映像機器工業会)の調査によれば、デジタル一眼レフカメラの世界市場は2004年度で約250万台、2005年度には360万台以上に拡大すると見込まれている。

 2005年1月には松下電器産業がオリンパスと協業し、同市場に参入することを表明していた(関連記事)。松下とオリンパスは2006年春の商品化を目指して共同で製品を開発している。

-PR-企画特集