logo

サンにバイアウトの噂--ビジネスウィークが報道、マクネリは否定

Stephen Shankland(CNET News.com)2005年05月02日 12時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ある投資会社がSun Microsystemsのレバレッジドバイアウト(LBO)を計画中だと報じられたが、同社CEOのScott McNealyはこの報道を非難している。

 McNealyは、この報道が「全く根拠のない噂」で、株価つり上げによる利益獲得を狙った計略の一部に過ぎないと一蹴した。

 BusinessWeekは米国時間4月29日、McNealyがSilver Lake Partnersの支援を受けてSunを非公開にする計画を検討中だとする匿名のヘッジファンドマネージャの言葉を報じた。Silver Lake Partnersは、Seagate Technologyを買収し、最終的には同社を公開会社として再建した投資会社。BusinessWeekの報道によると、このファンドマネージャは、Sunの株式買い戻し価格が、28日の終値である3ドル44セントを大きく上回る1株あたり5〜5ドル50セントになると予想したという。

 これに対し、McNealyは29日付けの電子メールのなかで、この噂はSunの株価をつり上げて利益を得ることを狙った計略の一部だと述べた。同社株は太平洋標準時午前8時現在、36セント(11%)高で取引されていた。

 「BusinessWeekのような信頼性が高いとされる雑誌が、株価のつり上げを狙った全く根拠のない噂をを取りあげ、匿名のヘッジファンドマネージャの言葉などをなぜ引用したのだろうか。この人物は、BusinessWeekが記事にしたことと、自分が午前の取引から1株42セントの利益を得られたことで今頃大笑いしているだろう」(McNealy)

 Sunは、ドットコムバブルの崩壊以来、長い間続いた売上減少に歯止めをかけたものの、現在も売上はほぼ横ばいで収益ゼロの状態が続いている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集