logo

2004年国内PC市場、デルのシェアが2けた台に

エースラッシュ2005年02月23日 19時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガートナー ジャパンは2月23日、2004年国内市場におけるPC出荷実績の調査結果を発表した。

 この調査によると、2004年のパソコン市場は出荷台数が1318万台(前年比3.8%増)、出荷金額は1兆7601億円(前年比3.7%減)となった。エンドユーザー別では、法人市場が前年比10.2%増と、2003年の6.6%増に続き2年連続で増加。しかし、官公庁市場に関しては2003年に行政の電子化でPCの買い換えが行われたため、低い伸びにとどまった。

 個人市場は前年比4.0%減となり、2003年の1.3%減に続いて4年連続で減少傾向が見られた。この要因について同社では、薄型テレビやハードディスクレコーダといったデジタル家電との競合、買い換え年数の長期化、潜在ユーザー開拓の不振、一部ベンダーで戦略的に出荷が引き締められたことなどを挙げている。

 製品別では、デスクトップPC出荷台数が前年比2.7%増で全体シェアの49.8%、ノートPC出荷台数は前年比4.8%増で全体シェアの50.2%を占めた。そのほか、ベンダー別出荷台数に関しては、NECと富士通に次いでデルが初の2けた台となる市場シェア10.2%を達成した。

ガートナー ジャパン

-PR-企画特集