logo

iPodを買っているのは誰だ--米調査

CNET News.com Staff2005年02月16日 11時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国民の約11%にあたる2200万人の成人が、iPodやそのほかのMP3プレイヤーを所有していることが、新たに発表された調査結果から明らかになった。

 Pew Internet & American Life Projectという非営利団体が2200人を超える人々を対象に電話調査を実施したところ、所得が高くて若いインターネットユーザーほど、こうした機器を所有している確率が高いことが判明したという。

 30歳以下では5人に1人がiPodやそのほかのMP3プレイヤーを所有しているのに対し、30歳代および40〜48歳までの年齢層では、この割合が7人に1人まで下がる。

 同じように、世帯収入が7万5000ドルを超える家庭の4分の1がこれらの機器を所有しているのに対し、3万〜7万5000ドルの世帯では所有者の割合が10%に減少、さらに3万ドル未満の世帯ではその割合が6%となる。

 この調査からは、インターネット利用者の方がインターネットを利用しない人に比べて4倍もMP3プレイヤーを所有している確率が高いことも明らかになった。また、男女の間でも、これらの機器の所有率に違いが見られた。同調査によると、男性は女性に比べて、デジタル音楽プレイヤーの所有率が50%も高いという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集