米セールスフォース、CRMパッケージの最新版を15日にリリースへ

Matt Hines and Alorie Gilbert(CNET News.com)2004年11月04日 17時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--Salesforce.comは米国時間2日、カスタマイズ機能とインテグレーション機能が強化されたCRMパッケージの最新版「Salesforce.com Winter '05」を発表した。

 同社によると、この最新版は米国時間11月15日にリリースされるという。サブスクリプション・サービスの既存ユーザーは、リリース直後から最新版を利用できる。Salesforceは、販売部門の業務支援やマーケティング業務の自動化を行うウェブベースのCRMツールを月額制で提供している。

 Winter '05では、「CustomForce」という新しいプログラムが提供される。ユーザー企業はこれを利用して、顧客情報システムのインターフェースやビジネスレポート、ワークフローを好きなようにカスタマイズできる。またページのタブやレイアウト、フィールド、アクセス制御をカスタマイズすることも可能だ。

 そのほかにもCustomForceを使って、採用やシステム管理、広報などの業務用に新しいアプリケーションを作成することもできる。

 Salesforce最高経営責任者(CEO)のMarc Benioffはサンフランシスコで開催されたユーザーカンファレンスで、2000人の聴衆を前に新しいプログラムについて語った。

 Benioffは、同社のビジネスシステムに対するアプローチをライバルのSiebel SystemsやSAPと比較し、その違いを強調した。ほとんどのソフトウェアメーカーは、パッケージ化されたアプリケーションに不満を持つユーザー用に、業種別の製品を用意している。

 こうした状況についてBenioffは「Cisco Systemsは、ハイテク業界向けのバージョンを利用したいとは思っていない。彼らが欲しいのは、自分たちのニーズにぴったり合致するCiscoバージョンだ。これこそCustomForceができることであり、われわれが目指す戦略でもある」とコメントした。

 Salesforceの月額制プログラムを利用するユーザーは、追加料金なしでCustomForceを利用できる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加